けん引免許の利用

けん引免許はどのような利用が可能でしょうか。けん引免許は主にトレーラー、タンクローリー、キャンピングカーを運転するときに必要な免許ですので、大型車を扱うような運送会社、高圧ガスを運搬するタンクローリーを業務で扱う会社に就職するには有利です。このような会社に就職を希望される際は持っていた方が良いでしょう。

けん引免許には3つの種類があります。
第一に「けん引免許」で車両重量750kgを超える貨物トレーラーなどと車両連結してけん引する際に必要な免許です。第二に「けん引二種免許」でトレーラーバス等で使用できる免許ですが、まだ全国に少しずつしかないマニアックなもので運転席と客席の車両が分離され、電車のように連結されている車両を運転する際に必要な免許です。

次は「限定条件のあるけん引免許」で車両素横領が750kg以上~2000kg未満に限定して運転するという事が出来る免許です。主に小型のトレーラーが多いです。「ライトトレーラー免許」という呼び名があります。(正式名称ではありません。)この中では「けん引免許」が一番、使用頻度が高いでしょう。「けん引免許」は仕事として使う業務上の免許です。必要に応じて合宿免許などで効率よく取得し、大いに利用しましょう。

けん引免許とは

けん引免許について、ご説明いたします。750kgを超える自走しない車(被けん引車と言います。)をけん引するために必要な免許です。このようなけん引ができる車は貨物自動車とも言われ、運転席、荷台、客車が分離できるように作られています。運転席はトラクター、荷台や客車はトレーラーと呼ばれ、このようなトラクター、トレーラーを持つ車として挙げられるのはタンクローラー、タンプトレーラー、キャリアカー等があります。

次に、この免許の取得条件をご説明いたします。年齢は満18歳以上、視力は両眼0.8以上(1眼0.5以上)、色彩離別能力として赤青黄の識別ができることが挙げられ、深視力としては2.5mの距離で3回検査で平均誤差2cm以下、聴力は10mで90dbの警音器が聞こえること(補聴器可)とされています。

取得するには、自身で練習の後、運転免許試験場で技能試験を受験する方法、公安委員会より認定された公認自動車学校に通って取得する方法、教習所が行っている合宿免許で取得する方法があり、当サイトは短期間で効率良く免許取得可能な合宿綿をお勧め致します。いずれにしましても、ご自身のご都合や会社の業務上の都合をお考えの上、ご選択ください。

合宿免許とけん引免許

合宿免許を利用してけん引免許を取得しましょう。教習所通いでも、免許取得は可能ですが、合宿免許は短期集中で取得できますし、格安プランは多数ありますので、お得です。それに、リゾート地利用のプランも多数ありますので、旅行気分も満喫できるのです。当サイトはけん引免許取得をご希望の皆様に合宿免許をお勧め致します。こちらの情報をご参考に合宿免許でけん引免許取得をお考え頂ければ、幸いでございます。

合宿免許でけん引免許を取得するにいはどのようにしたら良いでしょうか。何かとお忙しい皆様には、手頃でネット検索がお勧めです。「合宿免許でけん引免許」と検索してみましょう。いくつかのサイトが出てくるかと思いますので、ご興味のあるところをクリックして内容を確かめてみても良いでしょう。

また、クリックして「けん引免許取扱の教習所一覧」が出てくるサイトもありますので、こちらを確かめてみても参考になります。東北、関東等エリアに分かれていますので探しやすいです。ご自身の興味のあるエリアをクリックすると施設情報満載ですので、お確かめなさって下さい。ご自身のご希望に合うプランを楽しみながら探してみましょう。一つのみならず、複数を捜してみるのがコツです。まずは良いところをチェックしてから、消去法で考えていくのも良いでしょう。他にも皆様なりの探し方でよりよい合宿免許を選びましょう。当サイトは皆様を応援致します。このほかにけん引免許とは何か、けん引免許は何に利用できるかも満載です。ご参考になさってください。