けん引免許の利用

けん引免許はどのような利用が可能でしょうか。けん引免許は主にトレーラー、タンクローリー、キャンピングカーを運転するときに必要な免許ですので、大型車を扱うような運送会社、高圧ガスを運搬するタンクローリーを業務で扱う会社に就職するには有利です。このような会社に就職を希望される際は持っていた方が良いでしょう。

けん引免許には3つの種類があります。
第一に「けん引免許」で車両重量750kgを超える貨物トレーラーなどと車両連結してけん引する際に必要な免許です。第二に「けん引二種免許」でトレーラーバス等で使用できる免許ですが、まだ全国に少しずつしかないマニアックなもので運転席と客席の車両が分離され、電車のように連結されている車両を運転する際に必要な免許です。

次は「限定条件のあるけん引免許」で車両素横領が750kg以上~2000kg未満に限定して運転するという事が出来る免許です。主に小型のトレーラーが多いです。「ライトトレーラー免許」という呼び名があります。(正式名称ではありません。)この中では「けん引免許」が一番、使用頻度が高いでしょう。「けん引免許」は仕事として使う業務上の免許です。必要に応じて合宿免許などで効率よく取得し、大いに利用しましょう。